3ヶ月間無料オンライン投資スクールキャンペーン実施中

2008年07月28日

日焼け後の正しい対処方法 No3!

前回の続き・・・


 ★肌に直接、氷や冷却材をのせる事

 日焼けした後の肌は炎症を起こし、熱を持っていることも多いので、
 その熱をとることは必要です。
 ですから、冷やすことはいいのですが、冷やし方に注意をしてください。

 肌に直接氷や冷却材を載せるようなことはしていませんか?

 あまりにも低い温度のものを肌に載せると、逆に炎症がひどくなることも
 あります。
 ですから、氷や冷却材を使うときには、できるだけタオルやハンカチで
 包むなどしてから肌に当ててくださいね。


 ★何もせずに放置する事

 触っても何をしても痛い!!
 そんな時には、「何もせずに放っておくのがいい」と思ってしまう
 かもしれません。

 でも、日焼け後の肌は肌の水分が減り、極度に乾燥した状態です。
 肌の乾燥は肌のバリア機能を低下させ、肌の治癒力も落としてしまう
 ので、肌の改善が遅くなってしまいます。

 ですから、アクアテクトゲルや手持ちの化粧水をたっぷりつけ、
 肌にたくさんの水分を与えてください。


===============================


 肌が赤くなっている間は、出来るだけそっとしておく


 
 日焼け直後、肌は熱をもっていますので、まずは冷やしてください。
 冷やしても赤みがひどい場合や、熱がなかなかひかない場合、
 または水泡が出来てしまった場合には病院へ行ってくださいね。

 それ以外の場合には、次のような対処をしてください。

 日焼け後、赤くはれている肌は、炎症を起こし、とても敏感な
 状態です。
 ですから、少しでも赤みが出ている間はできるだけ、肌への刺激は
 避けてください。
 石けんやボディソープの使用さえも刺激が強すぎる場合がありますので
 赤みが出ている間は水やお湯だけで洗ってください。
 タオルで肌を拭くときも、絶対にゴシゴシとこすることはせず、
 そっとタオルを当てて肌の水分を吸い取らせてくださいね。

 また、普段よりもたっぷりの保湿のお手入れも、忘れずに
 行なってほしいです。
 そして、この普段よりもたっぷりの保湿のお手入れは、肌の赤みが
 引いてからも2週間は続けてください。

 なぜ2週間も続ける必要があるのか?
 それには、きちんと理由があるのです。 そのお話は次回へ・・



同じカテゴリー(美肌/美容)の記事画像
イヤーエステ・金耳爽
同じカテゴリー(美肌/美容)の記事
 これだけは、絶対やってはいけません! (2008-07-26 07:07)
 日焼け後の正しい対処方法!! (2008-07-25 19:01)
 何で冬なのに背中にニキビができるの? Ⅱ (2008-03-13 17:52)
 何で冬なのに背中にニキビができるの? (2008-03-07 12:00)
 イヤーエステ・金耳爽 (2008-01-09 23:02)
 目もとを10才若返らせよう!最終回 (2007-11-20 19:15)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。